【音声公開】分かりやすい授業のつくり方【YouTubeで解説】

【さとふる】ふるさと納税のやり方┃サイト申し込みなら15分で完了

ふるさと納税をすれば、返礼品がもらえて、節税ができます。国がすすめるお得な制度です。

小学校の先生
ふるさと納税ってやった方がいいのは分かるけど、

・ふるさと納税のやり方ってどうやってやるのかな?

・ふるさと納税のやり方が知りたいな。

この前ちょうど、ふるさと納税を始めました!

ふるさと納税初心者でも簡単にできたので、やり方を紹介しますね!

ふるさと納税のやり方を写真を使って、分かりやすく説明します。

ぶたさん

今回は僕も説明を手伝うブヒ。

この記事を読めば、ふるさと納税のやり方をすぐに理解できます。

興味のある方は、ふるさと納税をやる前に、ぜひお読みください。

この記事で紹介するふるさと納税で必要な物
  • メールアドレス(Yahoo!やGoogleなどのフリーメールもOK!)
  • 家族構成・自分の年収の把握(50万円刻みで、だいたいでOK!)
  • クレジットカード
ふるさと納税をして返礼品をもらい、節税するまでのやり方

  1. ふるさと納税サイトにメールアドレスを登録する
  2. ふるさと納税サイトに会員登録する
  3. ふるさと納税をする金額をシュミレーションする
  4. ウェブからふるさと納税を申し込む
  5. クレジットカード決済・送り先住所の入力をする
  6. 節税の申請をする(確定申告もしくはワンストップ特例申請)
  7. 返礼品が届く

やり方① ふるさと納税サイト「さとふる」にメールアドレスを登録する

まずは、公式サイト-さとふる-から、会員登録を申し込みましょう。

申し込み完了の連絡や、返礼品の発送通知のために、メールアドレスを登録します。

メールアドレスは、Yahoo!やGoogleのフリーメールでもOKです!

メールアドレスを用意しておき、『新規会員登録』から申し込みましょう。

ぶたさん

僕を目印にしてほしいブヒ。

トップページ右上の『新規会員登録』をクリック

ページを開いたら、メールアドレスを入力します。

メールアドレスの入力間違いに気をつけましょう。

入力したら下部の『 個人情報取扱い規約等の利用規約に同意してメールアドレス確認メールを送信 』をクリック。メールアドレス受付の完了です。

茶色部分の 『 個人情報取扱い規約等の利用規約に同意してメールアドレス確認メールを送信 』をクリック。
次の画面が表示されたら、送信完了です!
送った先のメールボックスを見てみましょう。送った先のメールアドレスが正しければ、さとふるからメールが届いています♪

やり方② メールボックスを開いて、会員情報を入力する

メールボックスを開くと、さとふるからメールが届いています。

メールを開いて、『パスワード』『電話番号』を決めて、入力しましょう。

さとふるからのメールが届いていなければ、迷惑メールフォルダを見てみましょう。誤って振り分けられた可能性があります。
会員登録が終われば、いよいよふるさと納税額のシュミレーションです!

やり方③ ふるさと納税をする金額をシュミレーションする

公式サイト-さとふる- のトップページに戻り、

中央付近の「初めての方へ」から『控除額シミュレーション』もしくは、下部の『控除額シミュレーション』をクリック。

簡単シミュレーションで、『年収』『家族構成』を入力します。

給与収入は、あくまで目安の年収でOK!
年収はだいたいでOK!心配なら、少し低めに設定しておきましょう。控除以上にふるさと納税にお金を使うことを防げます。

シュミレーションの控除額をしっかりと覚えておきましょう。

シュミレーションでの、控除の金額を目安にして、ふるさと納税での返礼品を買います。

忘れないように、写メやメモをとっておくのがおすすめです。

やり方④ ふるさと納税サイト「さとふる」から、ふるさと納税を申し込む

ふるさと納税サイトのさとふる では、「人気ランキング」「お礼品」「地域」「特集・キャンペーン」の4つから返礼品を検索できます。

さとふるの4つの検索で向いている人
  • 人気ランキング・・選ぶ基準にこだわりがない人に向いている
  • お礼品・・欲しいものが決まっている人に向いている
  • 地域・・「ここの地域に還元したい!」という思いを持っている人に向いている
  • 特集・キャンペーン・・お得感や季節感を味わいたい人に向いている

今回は、選ぶものに特にこだわりはなかったので、総合ランキングから「いくら」を選びました。

北海道産のいくらが目にとまった!

この時期は、いくらが食べたい!北海道八雲町のいくらにしました。

楽天市場やYahoo!ショッピングのように、カートに返礼品を入れていきましょう。

控除の目安をなるべく超えないように、カートに入れていきます。

控除の目安は、あくまで目安なので金額が超えてもOK!買えないということはありません。

次に、山形のさくらんぼ!

先行予約のため、発送は6月中旬!

あと、肉!!!

佐賀牛を食べてみたい♪

ほかにも、冷蔵庫の容量のことを考えて・・

米を買いました。新潟の魚沼産のコシヒカリなら間違いなし!

生活の必需品、米!

商品を選んだら、『クレジットカード決済』へ!

決済は、ポイントもつくクレジットカードがおすすめ。一時的にお金を支払うけど、後からきちんと戻ってくるよ!

やり方⑤ 「クレジットカード決済」と「返礼品の送り先入力」をする

寄付者情報の住所が、返礼品の送り先の住所になります。

返礼品の送り先の氏名や住所、電話番号を入力しましょう。

寄付者情報で入力する内容
  • 名前
  • 名前ふりがな
  • 郵便番号
  • 住所
  • 電話番号(携帯電話可)
  • ワンストップ申請の有無(確定申告をしない人は有がおすすめ)
  • 支払いに使うクレジットカード情報
ほとんどの人が、ワンストップ特例申請を申し込んだ方が良いです。ワンストップ申請をしないと、自分で確定申告をすることが必要になります。

やり方⑥ 確定申告もしくはワンストップ特例を申告する

寄付金受領証明書が各自治体が郵送で送られてきます。

ワンストップ特例申請を行い、各自治体にふるさと納税をしたことを郵送で報告しましょう。

ワンストップ特例申請の用紙を記入して、各自治体に郵送したところで、税金の控除となります。

必ずワンストップ申請を行いましょう。

12月末に申し込む場合

12月末に申し込む場合、寄付金受領証明書が1月10日に間に合わない場合があります。今年度分に間に合わせたいのであれば、返礼品申し込み後に、さとふるホームページから 「寄付金税額控除に係る申告特例申請書」をダウンロードして、各自治体に郵送しましょう。

やり方⑦ 返礼品が到着する

返礼品到着は2月中旬の予定♪

さとふるで申し込んだ、返礼品が届くのが楽しみ♪

まとめ:ふるさと納税をして、返礼品をもらい、節税しよう

ふるさと納税をして返礼品をもらい、節税するまでのやり方

  1. ふるさと納税サイトにメールアドレスを登録する
  2. ふるさと納税サイトに会員登録する
  3. ふるさと納税をする金額をシュミレーションする
  4. ウェブからふるさと納税を申し込む
  5. クレジットカード決済・送り先住所の入力をする
  6. 節税の申請をする(確定申告もしくはワンストップ特例申請)
  7. 返礼品が届く

ふるさと納税サイト-さとふる-を使えば、15分程度で簡単に節税ができてしまいます!

おいしい返礼品も届くので、節税ができて一石二鳥!

クレジットカード決済のため、一時的にお金の支払いがありますが、控除の際にお金が戻ってきます(国に納める2,000円を除く)。

ぜひ、ふるさと納税を試してみてください。

/お礼品受取に節税できちゃいます!\

-教員もふもふライフのトップページに戻る-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です